×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ログ1


ここに、私の忌まわしい過去を記録しよう。

過去・・・それは、時として現在を縛る。

それが、忌まわしいものとなれば、

人生を狂わせる可能性もある。

過去を引きずり、今を精一杯生きられない事ほど、愚かしい事は無い。

忘れる事ができれば、問題が無いのであろうが

人の精神というものは、そう都合よくできてはいないのが現実だ。


ならば・・・どうするべきか?


私は、忌まわしい過去を文字として形にする事で

それを自分から切り離したという自己暗示をかけてみようと思う。


・・・まぁ、グダグダ難しい事を書いてるが

要は愚痴ってスッキリしようってこと。

愚痴を正当化ってヤツゥ?みたいなぁ?

あたしってぇ、学者っぽいぃぃ?

超、頭よくないぃぃぃ?

あたしのぉあたまはぁぁぁぁ世界一ぃぃぃぃいぃぃ!!

みたいな?


たまには堅い文面で日記を書いてみようと思いましたが、 無理みたい。

んじゃ、行数稼いだところで、ちゃっちゃっと本題いきますか。 (テンション低)



俺がエキストラやら、役者(といっても一度きりだが)のバイトをやっていた頃。

舞台に興味があったので、どこかの劇団に参加してみようと思い

雑誌などでいろいろと入る所を探していました。

東京・・・というより劇団に関して、俺は知識がまったく無かったので

入ると後悔するような劇団を避けるため、まずはインターネットで情報を集めていました。


結果、いろんな意味でヤバイ劇団の条件みたいなものを見つけました。


〜こういう劇団は初心者は避けよう!!〜

・結成されて間もない。

・団員が10人未満




とりあえず、この条件にあてはまらなそうな劇団を探し、 さっそく面接に行きました。


目星をつけたその劇団の団長は、 大変恰幅がよく、良く言ってデブ。悪く言ってもデブ

良く言って大黒様。悪く言っても キレンジャーっぽい

とても人当たりのよさそうな中年男性でした。

まぁ、それは結局 初対面時だけだったんですがね。


俺は、多少緊張しながらも気になる事、

すなわち団員の数や、設立して何年かを聞いてみました。

人数に関しては「今は、10人ぐらいでやってるよ」 とのお答え。

設立してからも10年程度らしく、ひとまず安心しました。


数日後、ためしに練習に参加させてもらう事になりました。

それはもうわくわくしながら、稽古場へ行きその扉を開けました。

「やってやるぜ!」

バターン!! (勢いよく扉開ける)












































いくら一生懸命数えても、そこには 3人しかいませんでした。


〜こういう劇団は初心者は避けよう!!〜

・結成されて間もない。

・団員が10人未満

・団員が10人未満

団員が10人未満

団員が10人未満

団員が10人未満

10人未満

団長?団長!?団長!!?

10人どころか、

片手で数えても指が2本あまりますよ!? 団長!!


もう、笑うしかない状況です。狂ったように。

そんな、俺の不安げな、そして この嘘ツキが!!という目に気付いたのか

「今、3人ほど活動を休止しているんだよ。」

と、団長がいいました。

あ、なーんだ!そっかー!ハハッ!

それでも、4人足らねぇよ。このキレンジャーが。


普通なら、即効で辞める所ですが、

当時の俺は、とにかく舞台経験を積みたいと思っていたし、

しかも公演が近く、今ならちゃんとした役がもらえると聞き

とりあえずその公演が終わるまでは続けてみようと思ってしまったのです。

その、ポジティブ思考が後々、後悔の嵐を呼ぶ事になるのですが。



まぁ、人数が少ない劇団が駄目だってことはないと思うんですよ。

人数が少ないと、お互いの距離も近くなるし、連帯感だって強くなる。

演技にだって、それが反映されて

大規模な劇団に出せない味だって出せると思うのです。

それならば、3人という劇団としては絶望的な人数も許せます。

それに少数精鋭という言葉だってありますし。


でも、現実と理想は違います。

3人という悲惨な人数になった原因が、

内部分裂 というのだから救われません。(俺が)

人数が少ないからこそ、連帯感が強いのではなく

連帯感が弱かった結果が、この人数という、

コントだったら及第点、劇団なので問題外な、この様。

笑うしかありません。


俺が劇団に入って、数日後。

活動を休止していた3人も練習に参加するようになったんですが、

団長の、この3人に対するが悪い悪い。

一言で言えば、虫ケラ扱い。

話を聞いていると、この3人は活動を休止しているのではなく

現実はバックレってただけということがわかりました。

どうりで、みんな 登校拒否児の特有の雰囲気を持ってます。


練習中の雰囲気が、これがまた胃に悪い。

バックレ組3人が、少しでもミスると団長が罵倒の嵐。

元からいる3人にも、そのとばっちり。

俺は新人ということで、気色悪いぐらい優しい。

緊張感とかではなく、

酸素が青汁変わったかのような気まずい空気です。


そして、ある日。

俺が逃げる口実を考え始めていた頃、

思うように練習が進行せず、俺を含めた団員の演技もうまくいかない事に

団長が、ついにキレました。

そして、団長は「やる気がないなら、今回の公演はもう止めよう!!」

と提案し、団員一人一人に意見を求めました。

最初に意見を求められた俺は、正直に


「もう、この空気ツライので辞めたいです!」


と言いました。

おそらく、他の団員も同じ意見だろうなぁーと思っていたんですが、


「ツライかもしれないけど、最後までやりたいです!」

「公演を成功させたいです!」

「練習をさせて下さい!」


と俺の予想に反して、みんな練習続行を希望。

終いには、バックレ3人組の一人に


「○君!(俺の本名)辛いだろうけど、続けて下さい!お願いします!」


と、泣いて土下座される始末。


中学生日記でも収録してるんですか?今。

こうまでされては俺も続けざるをえません。

こうして団員全員(俺以外)で、団長を説得し練習は再開されました。

この事件の後、団員達の結束はがっちりと固まり、 公演は大成功に終わったのです・・・。



・・・と、ここで話が終わっていれば

美談(といっても中学生日記レベルですが)で終わったんですけど、

この内部分裂を起こすような劇団が、こんなキレイに済むはずがありません。

本番4週間前、バックレ組3人が再び逃亡。

キャストが足りずに、代わりの人間を探して四苦八苦。

そして、 本番初日は大雨が降り、 しかも観客3人

というダイナミックなオチ が待っていたのです。


俺は公演後、劇団を辞めて以降は、演劇に直接関わる事をやめました。

今回の事で学んだのは、土下座ってのは信用しちゃ行けないって事ですかねぇ。

土下座しながら、「ツライだろうけど、続けて下さい」と言った人間が バックレやがってなぁ。


あースッキリした。

愚痴をこぼしてすいませんね。どうも。

次回から、またダラダラくだらない事でも書きますよ。



〜こんなバレンタインのチョコは嫌だ!〜



○チョコにかじった後がある。

○すっぱい臭いがする。

○洗ってない犬の匂いがする。

○髪の毛入りチョコ。

○髪の毛型チョコ。

○包装紙に「マツモトキヨシ」のロゴ。

○一緒についていたラブレターに血判が押されている。

○魔法陣と”エロイムエッサイム”という文字がデコレートされている。

○”喪中”とデコレートされている。

○自分の似顔絵チョコみたいだが、 デッサンが狂っていて”ぬらりひょん”にしか見えない。

○持っていると、犬が尋常じゃないくらいに吠える。

○中に赤子のフィギュアが入ってるチョコエッグ。

○ホワイトチョコだが、少し黄ばんでいる。

○ハート型のチョコだが、手で形を整えたらしく 表面に指紋がべったり。

○チョコの形が超人。
あまつさえ、キン肉マンなどの主人公キャラではなく
カレクックベンキマンといったアレな超人の形をしている。



でも、そんなチョコをもらっても喜びそうな俺が一番嫌だ。



俺が今見たいもので、なかなか見れないもの。

第3位 タマちゃん。

第2位 ミッキーの”中”の人。

第1位 エロ本自販機の商品補充と交換。

何時やってんの?あれ。






コカコーラが、またやってくれました。

少し前のジャンプキャラクターフィギュアに続いて、今度のオマケはドラゴンボールのキャラクターフィギュア。

俺の、おまけフィギュア好きという嗜好を的確についてきます。

昔から菓子なんかについてる人形とかには目がありませんでしたからねぇ。

知ってる人がいるかは知らないが、あのネクロスの要塞という、

今考えたら、かなりデッサンが狂ったブッサイクな人形つきの菓子に、

小学生時代の数少ない小遣いをほぼ全部つぎこんでましたから。

とうことで、また一日一コーラという胃炎なんざクソくらえな生活を営んでます。



ここで、気になるのはラインナップ。

さて、どんなキャラがあるのかな、と。







なるほど、妥当なラインナップだ。

人気キャラを的確に抑えてますね。

おお、ランチや、ウーロン&プーアルといったマニアどころも。

後半は存在感がクリリンの鼻以下のヤムチャの姿も。

よかったね、ヘタレ大佐。







・・・で、チャオズだけハブですか、コカコーラ様?

哀れすぎます。サイヤ人戦までは、一応は立派に戦ってたのに!

貢献度は鼻くそ以下ですけど、これはあんまりです。

シークレットという線も考えましたが、シルエットを見ると髪の毛ふさふさのキャラっぽいので絶望的です。

一体どういう基準で、この面子を決めたのか。

人気投票か?

だとしたら、チャオズの人気は豚以下かよ!



駄目だ、見る目がねぇコカコーラの連中は。

チャオズはネタ的にはずすべきキャラではないだろう?

天津飯がいるなら、当然いるべきだと思うんですよ。

それにヤムチャも駄目だ。全然なってません。

特に爽やかな仕草。画像ではわかりにくいですが、片手をあげて歯を光らせんばかりのポーズです。

もっと無様で情けないツラであるべきだろ!

生意気だぞ、ヤムチャのくせに!(声:たてかべ和也)



でも、シークレットが髪の毛生えたクリリンだったらチャオズの事は許す。

個人的には、タオパイパイが欲しいなぁ・・・。









ある人の薦め(?)で、巷で噂の”マリア様がみてる”略して、マサミを購入。

しようとしたのはいいが、なんせ20年ちょい生きてきて、今までまるで縁が無かったコバルト文庫。

いきなり14巻全部購入なんて、

女子小学生が初めてのお小遣いでゴルゴを全巻そろえるようなものなので、

とりあえず肩慣らしに、まずは5巻ほどを購入してみる。

さすがにそれでも、対象年齢以前に対象性別からはずれている為、

レジでは恥ずかしくなって、カモフラージュとして

会社名”HOCP”で領収書を切ってもらおうかとも思いましたけど。(用途は”資料として”と記入)

思春期のギャルゲーに狂って、どんな狂ったシステムのクソゲーでも(例:ノエル、ボーイズ・ビー) 懸命にクリアし、

あまつさえ”ときメモ”をしかも限定版を堂々と予約していた頃を思うと、

コバルト文庫を買う事くらいなんでもないはずなんだけども。

成長して、妙な見栄が出来ちまったのかねぇ。

買ったのも秋葉原のブックタワーというところが、

森を隠すには木、オタクの町でスーツ姿の男がコバルト文庫を買ってもさほど目立つまい

中途半端に恥ずかしさを半減しようとしてて、不様だ。

しかも一緒にアカギ14巻を購入して、 甘酸っぱい雰囲気をごまかそうとしていたのも、なんか見苦しい。

今度6巻以降を買うときは、一点の曇りも無い笑顔でうら若き女性店員に

”マリア様がみてる”下さい!!好きなキャラは祥子です!

と臆することなく言える様にはなっておきたいと思います。


ということで、今の俺の本棚には、
”マリア様が見てる”と”アカギ”が並んでるんですが、
二冊の表紙を見比べると、
人類の進化ってなんだろうと考えさせるのは俺だけですか?





アンパンマンの歌詞の、「愛と勇気だけが友達さ」という部分に
「じゃあ、カレーパンマンとか食パンマンは友達じゃないのか?」という
なんともわかっていない、いかにも素人らしい指摘をする方が多いので
今こそ、アンパンマン研究者という立場の私から言わせてもらおう。
確かに、アンパンマンと彼らは友達ではない。

彼らは”友達以上の関係”なのである。

一番、無難なところで”仲間”と言いたいが、
違いのわかるアンパンマン研究者としては
アンパンマンは彼らに対して”恋愛感情を抱いている”という仮説を提唱したい。

そう、彼は同性愛・・・いや両刀で、
しかもかなり惚れっぽいの性格ではないのかと思われるのだ。


その根拠は、お腹をすかせている人に対しての彼のセリフ

「僕を食べて」

このセリフ、他にどこかで見かけないだろうか?
そう、よく文学作品などで使われている
「私を食べて」という、言い回しである。
このセリフは、おもに女性から男性へのアプローチの時に使われている。(参考資料:HotDog)
もう皆もピンと来たのではないだろうか?
彼の「僕を食べて」というセリフは、”頭を食べて”という意味とは別に
”僕を受け取って、そして抱いて”
という、いわば彼流の求愛的な意味合いがあるのだ。


そう考えると、
彼は多数の人間(?)にアプローチをしているところから察するに
かなり惚れっぽい性格ということが想像できる。
しかも、困っている人限定ということから、母性本能的なものを持っているのであろう。

そんな彼であるから当然、一緒に戦っているカレーパンマン、食パンマンに対しても
好意を寄せるであろうことは想像に難くない。
だが悲しいかな、その想いは今のところ実を結んでいない。

以上の事から、「愛と勇気だけが友達さ」という歌詞は
”友達になろうとしても、つい好きになってしまう”という
アンパンマンの性格を端的にあらわしていると考えられる。

結論としては
彼の友達が、愛と勇気だけなのではなく
”愛と勇気以外は全部恋愛対象”というのが、この歌詞の真実なのだ。



余談だが、アプローチの回数の多さから、本命はカバ夫君と思われる。


〜民明書房刊「世界の珍獣紀行」より〜







この日記は、シモネタが駄目な方にはお勧めできません。

あ、でも小学生のお友達は、読んでもいいよ!

そして、後で日記に出てきた単語をお父さんお母さんに聞いてみよう!



先日、友人Tと飲みに行きました。

このT、以前の日記で触れましたが、

医療の仕事に携わっており、様々な裏話で看護婦の幻想を打ち砕いてくれた素敵な男です。

看護婦だけでなく、自分の病院の院長の暴露話(不倫・裁判沙汰等)なども聞かせてくれ、

こいつは、いつお巡りさんから両手を繋ぐ銀のアクセが贈呈されるのかな

不安にさせてくれました。



そんな彼から池袋で飲もうと誘われたので、山手線で現地へ。

前もって看護婦を紹介しろと言ってたので、もう移動中は気分ウキウキ。

いつもはつまらない車窓から見える景色も、今日ばかりはウキウキウォッチングできるというのもです。

池袋に着き、待ち合わせ場所にて煩悩まるだし顔で待っていると、Tが約束どおり女性を一人連れて登場。

やりっ!(ガッツポーズ)

しかも、結構かわいい!







T「あーお久しぶりです」

俺「んーそうだねー。」
(女性の顔をチラチラ見ながら)

T「お待たせしてすいませんねー。」

俺「んー、別にいいよー。で、こちらの方は?」
(満面の笑みで)

「俺の彼女です。今、同棲してるんですよ。」



俺「







帰れ!お前ら自分の巣に帰れ!







さっきまでのウキウキがぶち壊しです!

不愉快だ!マガジンの表紙が「魔法先生 ネギま!」だった時くらいに不愉快だ!

あーでも、確かに”紹介”自体はしてくれたんだよねー。

自分の同棲中の彼女を”紹介”したんだよねー、あはははピシャーン!! (Tにビンタ炸裂)

違うだろ!?紹介ってそういう事じゃないだろ!?

しかも、今日の面子は私+Tカップルのみ。

居心地悪っ!

あれか?俺に対する羞恥プレイか?この変態が。



そんなこんなで噴出しそうな憎悪を抑えつつ、「これは俺への当て付けか?」と聞くと 鼻で笑われました。

君の頚動脈って触るとコリコリしてるね?(カッターをチキチキ鳴らしながら)

あれか?Tの彼女(以下T子)が、どうやら俺と面識があったらしく

「お久しぶりです。私のこと覚えてますか〜?」と聞かれたとき

「うん、記憶に無い。」真顔で即答したのが気に障ったのか?

それとも、ドラクエの呪文とかは一発で名前どころか効果まで覚えられるのに、

改めてT子さんの名前を聞いても、30分で忘れちゃったのがムカついた?

だったら、君たちを許してもいいや。



とりあえずお勧めの店があるというので移動。

こうなったら、酒をたらふく飲んで気を紛らわそうかな!

で、到着。

そこはカップルで賑わうお洒落な居酒屋でした。



誰が許すか!死ねッ!でなければ帰れ!愛の巣とやらに帰れ!

しかもその店のメニューの名前は、もう苦笑いしてしまう恥ずかしさでした。



手羽先 恋の涙

恋に落ちるブリ大根

恋の卍固め




なんだよ!恋に落ちるブリ大根て!俺ですら、最近恋をしてないのに!

大根の分際で!(論点が違う)

最初はもう世界が終わってもいいや、ていうか終われよって気分になりましたよ。

でも、Tの性格からして悪気は無いのはわかってるんですがね・・・。



最初は、もういっそ恋に落ちるブリ大根で窒息死したい気分でしたが

彼との会話がお洒落とはかけ離れた内容だったので、だんだんいつものテンションに。

普段、俺はシモ系の話はしない性質なんですが、Tと話すときは特別。

というより、この男はシモ系中心の話しかしない。

多分、首とかちょん切っても下半身さえあれば生きていける生物だろう、コイツは。

以下、会話の一例。



T「t−zさんてさ。」

俺「んー?」

T「オ〇ニーする時ッて何使ってます?

俺「・・・食事中に聞くことじゃないだろう。

それ以前に、自分の性癖をカップルに告白する奴がいるのか?君の新しいプレイか?

T「いや、僕はオナニストですから大丈夫ですよ(何がだ)。 一人するのが好きなんで。




等と、じゃあお前の隣にいる人間は、その間どうしてるんだ。とか

セクハラめいた事を聞きたくになりましたが、

当のT子さんは、一心にTの腕の日焼けで剥けかかってる皮を、サルのように剥いていて

なんだか触れちゃいけない事みたいなんで、やめておきました。

うん、君らはお似合いだよ。

飛んだカップルだね!頭のネジが。

そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、 Tは99の岡村風に言うと一人ニャンニャンついて熱く語っていました。



T「一般には、最初は写真から入ってビデオ・小説を通るんですよ。」

T「達人になると、全て想像でOKになるらしいですよ。」

T「全部を、頭の中でイメージするんです。すごくないですか?」

T「t−zさんもそう思「そりゃもう病気だろ、頭の。」




まぁ、その後もシモ系やら、Tのただれた女癖など

とてもSMプレイでもない限り彼女の前で話す事じゃない話題ばかり。

その後も、俺は終始ツッコミ役でしたが、まぁ面白かったと聞かれれば面白かったですけどね。

ただ、スカ○ロの話題が出かけた時、

それは食物連鎖に反してるから、実践はおろか話す事も断固認めない

と釘を刺しましたが。







これ以上は、本当にアクセスが激減しそうなのでやめておきます。

気分悪くしてしまった方、すいません。

最初の忠告を無視して、読んでしまって気分悪くした方。

少しは人を信じろ。







向こう見ずなコスプレイヤーの今年のコミケの運勢。



そのゲッター1みたいな胴をなんとかしてから行きましょう。

そうでないと恋愛運ばかりか、コスプレしているキャラのファンから刺されるかもしれません。
それが美形キャラだと、5割増で危険度が高まります。








今日も、ドラゴンボールフィギュア目当てでコカコーラを買ってみる。

さて、今回は誰かな・・・と。











おお、この後姿は天津飯!

いやぁ、天津飯ってかなり好きなキャラなんで、うれしいなぁ。

チャオズっぽく声をかけながら、ご尊顔を拝むとしましょう。







「天さ〜ん!」



















くるっ















!!







眉毛。

眉毛。

眉毛。

眉毛!

眉毛!!

眉毛!!!

眉毛つながってる!!!!




な、なんてことしやがるんでしょう!

て、天さんはなぁ、頭を毎朝剃ってんだぞ!?眉だって、絶対手入れしている筈なんだよ!

なんで眉毛をつなげんだよ! しかも、顔が微妙に我修院 達也に似てるし!

これは冒涜です。コカコーラの天津飯に対する冒涜です!

まぁ、原作の方がよっぽど彼を冒涜している気がするのは置いといて

出来の良し悪し以前にひどすぎます。

あーあれか?”こち亀”の人気にあやかろうとしたのか?

バカッ!アニメの方はともかく、漫画の方はファンに見放されかけてるよ!



フィギュアをくまなく見てみれば、案の定、誇らしげにMADE IN CHINAと刻印が。

やってくれたな・・・、チャイニーズ・・・!







「あーこのフィギュアの色塗った人ー、お兄さん怒んないから正直に名乗り出なさーい。
大丈夫、本当に怒んないって!ほらほら、こっち来てお尻出してー。
うん、大丈夫大丈夫。叩いたりしないよー。
尻の穴に指突っ込んで、どどん波撃つだけだから。








・・・チャオズがラインナップに入ってないだけならまだしも、天津飯にまでこんな酷い仕打ちを・・・。

あれか?鶴仙人か?2人の師匠が志村けんの股間みたいな帽子 被った鶴仙人だからか?

なんで俺の好きなキャラばっかしこんな目に・・・。

これは、俺にドラゴンボールからすっぱり卒業しろという世間からのメッセージなのか?



そうか・・・そうかもな・・・。

いつまでも昔の漫画を引きずっては行けないよな・・・。

グッバイ、ドラゴンボール。

グッバイ、俺の天津飯・・・。
(尻をかきつつフィギュアを便器に流しながら)



さてと、また新しいコーラ買ってこよーっと。

で、ここ最近の戦果をお知らせ。

















(ヤムチャだけは 絶対にない・・・! コンプリートできる・・・!今度こそ・・・!)

このコレクターの思考
素人は こういう考えが一番危ない
まさに貧乏に直結する道

ヤムチャ ヤムチャ ヤムチャと来たから
もうヤムチャはないなどという読みは
まさに泥沼



                       _
                   /)/ノ,>    す  嵌
                   | lン.)っ   で   っ
                   |/ .〈/    に.  て
                      l   )    泥.  い
                   |iii||||||    中  る
                     |iii||||||        :
                    |ii||||||||      首.  :
                ┌|ii|||||||||      ま   :
        、ヽV_イ__   /iiii|||||||||||     で   :
       ノ::::::::::; ヘ .|__「iii|||||||||||||      :   :
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ:::::::</(ン ,_,<||||||||||||l'';;;;;;;,,,,    :
;;:;:::;;;;;:::,,,;;;:;ム;/);;;モヽ u (ニ'ヘ||||||||l;;;::;;;;;;;..''':;;;,
::::;;;;;;:;;;;;..,,,,;;;;/フ;;;;;/);;;;:'''''::::;;;;;;;:::::'';;:;;;;;;,,::::;;;;;,,,,
;;;;;:::;;;;;;;::::::'''',,尸;;;;;';;''::::::;;;;;;;;'';;;::::;;;;;;;;::;;;:;;;;::::::''';;;;;;;
::;;;;;;;;:::;;;;;;;;;'';;;つ;;::::;;;''';;;;;;,,,'':::::::;;'';;;;;;::::;;::;;;''::::;;;;;;;




そんな結果。



戦略的撤退