×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ログ4






バカゲーレビューのためにゲーム購入。

その名も「〜魁!!男塾〜 THE 怒馳暴流(ドッチボール)」






『怒馳暴流』

その源流は三国時代の中国にあるといわれている。馬上の
敵に対し、鉄球をぶつけて倒すことが目的であり、さらに
敵がその鉄球を避けた時のために「外野」と呼ばれる兵士
が、外れた鉄球を広い、再び敵を狙うのである。

余談ではあるが、張飛益徳がこの怒馳暴流の名手であったことは
多くの歴史書に記述されていない。


民明書房刊「中国球術大覧」より





と、オレオレ詐欺以上に巧妙に人を騙す 民明書房の引用もまぶしいこのゲーム。

ジャンプ黄金時代を支えた、馬鹿格闘漫画を題材としているんですから、

さぞかし面白いバカゲーに決まっています・・・・と断言したい所ですが、

そういえば過去にも男塾ゲーがでており、その全てがバカゲーっちゃあバカゲーだけども

開発者に「この、馬鹿!」と唾を吐きかけたくなるゲームでしたね。

いやぁ、買ってから気付きましたよ。

でもファミコンジャンプのラストバトルだけは、それなりに楽しんでたのはヒミツです。

そういや昔、民明書房で得た知識を自慢げに騙っていたK君、元気ですか?

えーと水死体の呼び名の”ドザエモン”の語源は モンゴル語の”ドザイ・モーン(水死の意)”じゃないと思うよ。



やってみるとまぁこれが、バカゲーというかてんで普通。

プレイ前は、”くにおくんのドッチボール部”を思い描いていたんですが・・・・。

くにお君の方は、死ぬまでボールをぶつけ合うというバイオレンスなゲームだったんですが、

なんとこのゲームの場合は、一発ヒットしただけでアウト。

ドッチボールのルールとしては正しいんでしょうが、男塾としては間違ってます。

てか、なにこれ!?

しかも5秒以上ボールを持つのは不可という5秒ルール等、

やけに細かいルール定められており、それを律儀に守る男塾生達。

気持ちわるっ!何いい子ぶってんだお前ら!!

原作ではそんなに大人しくなかっただろ! どうせなら銃刀法を守れよ!



とはいえ、その代わりといってはなんですが、相手に直接攻撃できたりします。

ただし、どんなに殴ろうが蹴ろうがポン刀でぶった斬っろうが敵はアウトになりません。

じゃあ何に使うんだというと、攻撃を加えて相手がダウンしたところにボールぶつけて

確実にアウトにするくらいでしょうか。

みみっちい・・・・

ゲームとしてはありでしょうが、男塾としては間違ってます。



とまぁ、見事にバカゲーとしては期待はずれだったため、

またレビュー用ゲームを探しに行かなきゃいけませんよ・・・・。







社会人になってからというもの・・・お年玉をたんまりもらい、

おせちだの雑煮だのを食って太ったオノデン坊やのような面した 子供らを見てると

将来のために貯金してあげるという名目で、お年玉をピンハネする親の気持ちがわかる気がする。今ならね。



なんとういうか、最近は何にもない。

いや、バカゲーレビュー用のネタは考えてはいるんですが

普通の日記が書けない書けない。

うん、マニアック用語辞典復活しようかなぁ・・・・

ネタに困んないし。







今日はリハビリのために、フツーの日記です。

クリスマスという日記サイトにとって、ネタ的に最高に美味しいイベントをすっとばし、

1年も終わろうかという今日にようやく更新です。

リハビリですら間隔をあけてしまう始末。

仕事が絶望的に切羽詰ってたので、仕方ないといえば仕方ないんですが、

2月に開催されるバカゲーの祭典にむけて、 少しずつ以前のペースを取り戻さないと・・・。



そういや近所のゲームショップが潰れるようで・・・。

前日に新作が買える貴重な店だったんで、残念です。

まぁ、その代わりに在庫処分セールしてたお陰で、サイレントヒル1を250円で買えたんですが。

にしても、在庫処分セールの割りにPS2のソフトはほとんど値引きされて無いのが、

かたやX箱のソフトは半額処分というファミコンソフト以下扱いは、

今のゲーム業界の縮図をみているようで、あんまりだと思いました。



ターミネーター3のビデオを借りました。

感想としては、2で止めときゃよかったのに。ってとこでしょうか。

多分、音声が無くても内容は理解できるんじゃないか?って言うほどのセリフの少なさ

なんというかドラゴンボールを見てる気分。

あと、ジョン・コナーが先祖がえりしてたね。ありゃ新種の猿か?



あとついでに魔界転生とゴーストシップ借りてるんですが、

それの感想は面白ければ、後日に日記で。

特に魔界転生は、某格闘ゲームとかでカマっぽい怪しいキャラとして描かれがちな天草四郎を、

あの日本語がかなり怪しいキャラの窪塚がどう演じるのかが楽しみです。



そういや今年のコミケ。

私自身、一度も行った事が無かったんで、見物がてら

草薙 京のコスプレしてるけども現実は 独眼鉄にしか見えない人とかを、

デジカメに収めて楽しもうかなぁとも思ってたんですが・・・・・金が・・・・。

いや、別に何も買う予定とかはないんですがね。

多分、行くかどうかは気分次第。でも多分行かないです。

1日目はお仕事。2日目の今日は大掃除・・・。

チャンスは明日だけなんですが3日目というと、なんというか人の多さもそうですが

ジャンル的に会場に男性ホルモンが充満して、

色んな毛が凄まじい勢いで伸びてしまいそうなんですよね・・・。

偏見ですか?ええ、偏見です。



まぁ、休みに余裕があれば行っても良かったんですが・・・

厳しそうなので、今年はおこたでのんびりする事だろうと思います。









最近、ダンディ坂野の姿を見るたびに、

人生の絶頂ってこういうのなんだろうなぁ、 後は落ちていくだけなのかなぁ。

と素で残酷な事を思ってしまう自分が嫌だ。




かぁなしみぃーをー くぅりぃかえーしぃー

ぼくぅらはぁー どこえいっくのだぁろー



ってことで今が旬、というか今を逃せば単なる産業廃棄物に成り下がる

PS2版”仮面ライダー555(ファイズ)”を購入。



まぁ、ぶっちゃけて言うと前作のPS版”仮面ライダー龍騎”

「さすがバンダイ!惚れ惚れするくらいのやっつけ仕事だ。

と、対象年齢外のファンの皆様に言わしめた出来だった為、

今回の555ゲーも同じ開発元という事で、やばい臭いがぷんぷんだったんですが・・・。

でも、公式サイトのゲーム画面画像が、かなり出来のいいものだったので買ってしまったわけです。

なにせ龍騎の方は、キャラがたのしいようちえんの付録みたいだったので、

それを考えればたいした進歩なわけですよ。



しかしゲームシステムの方は、

あんなに不評だったのに学習能力がお留守なのか、それともお子様ユーザー舐めてるのか

まぁそもそも俺達みたいな大きいお友達の戯言なんざ聞いてられるかというポーズなのか


前作と同じ必殺技の成功の成否をボタン連打で決めるという方式。

この時点で、駄目っぽいというかぶっちゃけクソ確定なんですが、

やっぱりファンとしては買わないわけにはいかないわけです。

もうパッケージをレジに出すときは、 髑髏マークの付いたボタンを押す心境に近いものがありました。

僕らみたいなのがいるからバンダイは食ってけるんでしょうね。



でプレイした感想はというと・・・

「さすがバンダイ!バッシャーで特攻したくなる 程のやっつけ仕事だ。

まぁ想像通りというか、ガキの頃にファミコンジャンプやった時の気持ちを思い出した というか

「だからクソだっていったじゃねぇか」と自分で自分を責めたい気分になる出来でしたよ。

ゲーム内容自体がボリューム不足なのも痛いところですが、

何より必殺技の連打システムが浅すぎるというのが致命的です。

連打の結果が失敗か成功かしかないため駆け引きもクソもありません。

正直、似たような必殺技システムではありますが

SFCの”ドラゴンボール超武闘伝”のシステムの方が優れてます。

あれの駆け引きの面白さが少しでもあれば、多少はマシになったんでしょうが・・・。

同じバンダイなのにな。

はっきりいって5時間遊べりゃ大したものです。



あともう一つ致命的な欠点があります。

それは隠しキャラも少ないというか、 最初に使えるキャラが4人だけという勘違い省エネ仕様。

4人隠しキャラを出して、やっと一昔前の格ゲーと同じキャラ数です。なめんな。

しかも劇場版のライダーは無し!人気のシャッチョさんも無し!

すげぇやバンダイ!ファン心理なんざどこ吹く風。実にビジネスライクだ!

まぁ、ファンはそれでも買うだろうけど・・・実に不愉快なお話。

来年の仮面ライダーブレイドのゲームでたら買っちゃうんだろうなぁ・・・。

なるほど、キャラクタービジネスってぼろい商売だわ。



あ、でも必殺技の演出は格好いいですよ、本当に。

特に予算の関係で最近活躍できないバジン様やアクセルファイズなんかは必見。

でもこれで5000円はきっついなぁ・・・。







リハビリ2回目。

更新頻度があからさまに落ちてるのは、まぁ置いといて・・・

またもt.A.T.u.の話題。

もしかしたら、俺はt.A.T.u.が好きなのかもしれませんな。

あるいは不倶戴天の敵か。



一週間近く遅い話題ですが、t.A.T.u.がアニメ化するらしいですね。

このニュース知ったのは12月の10日前後なんで、

企画そのものは1月以上くらい先から考えられてたんでしょう。

立案からマスコミに発表までの流れを、私的に想像すると、


t.A.T.u.は、今話題のアーティストで大人気だ。

12月に東京ドーム公演があるし、さらに人気も高まるに違いない!

アニメ化したら、もう大ヒット!

アニメ化決定!東京ドーム公演の熱が冷めない内に発表して世間も注目!

東京ドーム公演、大失敗

関係者、顔面蒼白。

アニメ化企画をやめようにも、みんな責任とるのが怖く「やっぱ、やめない?」の一言いえず

絞首台に向かう死刑囚の気分でマスコミに発表



と、いう気がするんですがいかがでしょうか。あくまで想像ですけどね。



つーか、歌手を声優やらアニメにして好評だった試しがほとんどないのに、

なおも止めようとしないのは、本当に学習能力が無いんでしょうか。

アクシズ落とすシャアの気持ちがわかろうというものです。



だいたいアニメ化って、どんな内容にするんでしょう?

やっぱりスターに登りつめるまでを描いたサクセスストーリーとかでしょうか?

苦悩しつつもひた向きにトップスター目指して頑張るとか・・・うわ、嘘くせぇ。

むしろ、ライバルとしてバレエシューズに画鋲とか仕掛けてるキャラな気がします。

アニメのプリンセス・テンコーみたいに魔法使う(ドタキャン目的で)方が、まだ現実味がある。

いや、実際には苦労してるのかもしれませんが、んなもん知るか。

もしくは、大人気の”マリみて”風にするんでしょうか?女子高生ルックですし。

そうなったら、マリみてファンに脳天にロザリオをぶっ込まれる でしょうけど。



ちなみに、公開は来年冬・・・・って1年後かよ!

1年後まで、t.A.T.u.が人気落ちる落ちない以前に、

「ああ、そんなのいたね」ってレベルになってる気がするんですが。

新曲がまたヒットすれば話は別でしょうが、 このままだと1年後の知名度はダンディ坂野以下になってると思います。



これが大ヒットして大儲けするなら、 日本はこんな不況にはなってないと思いますが、

さてさて、どうなることやら。

アニメ化もドタキャンとかなったら、最高のオチになるんですが。









とりあえず放置しててごめんなさい・・・。

いやぁ、時間もなければ、それに伴って、当然ネタを探したり考える時間が面倒になない訳で・・・。

それに買ったはいいが、手をつけてないゲームがわんさかあるんでニッチもサッチもいかないんですよね。

にしても、すごい新展開があると思いきや、単に3のシステムを乗っけただけのワイルドアームズには騙されたなぁ。

あー日記の書き方忘れちゃってるなぁ。

ということで、しばらくリハビリテーション。

とりあえず、つい最近の気になったことでも書いてみようかね。



えーと、やっぱFF4の某竜騎士以上に信用できないt・A・T・u・(タトゥー)かな。

先日の東京ドーム公演ですか?語るには一週間ほど遅いでしょうけど。

収容定員5万人が、蓋を開けてみたら約半分しか入んなかったって言うじゃないですか。いやぁ大笑い。

入場前に○×クイズでもやったんですか?って感じです。



今までドタキャンして迷惑かけまくった結果が、この贅沢なデパート屋上コンサートのような有様

まるで日本昔話のような素敵な因果応報。ざまぁみろ

まぁ、日本人は我慢強いとか言われてるんでしょうが、

そんなものは政治とかに対してだけで、娯楽に関しちゃかなりドライな気がしますからねぇ。

騒がせるにしても、自分らが被害をこうむる事を何度もやられちゃ、そりゃ客も離れますよ。

むしろ我慢強いのは、メーカーに飼いならされたヲタくらいですよ。



スポーツニッポンの記事も爆笑もので、





会場周辺のダフ屋も、この日パラパラと数人が手持ちぶさたで立っていた。 定価7500円のアリーナ席が4000円。
一部インターネットでは、数百円で取引されていただけに、
あるダフ屋は「こんなの売れないよ。定価以下だよ」とあきらめ顔。
また、会場周辺には「チケット余っています。 買ってくださいとのプラカードを持つファンの姿もあり、
人気公演とまったく逆の光景が展開された。







歌手の東京ドーム公演のチケットが数百円て、少なくとも今までの私の記憶にはないんですが。

てかアルバイトスタッフの時給より安いんじゃないでしょうか、これ。

TVゲームでいえば発売日にワゴンセールです。センチメンタルグラフィティです。

この状況だと、実際は関係者のクビが首が飛びかねない、てか飛んでるんじゃないかという気がして

お騒がせデュオっていう呼び名が定着してるけども、むしろ疫病神と言いたい。



にしても実際は、前に来日した時の騒動で世間は思いっきり冷めた雰囲気あったし、なんでこんなのやっちゃったかなぁ・・・・。

一月前くらいに観たニュース番組で、「公演を中止した方が、ぶっちゃけ被害が少ない」とか

なんかどこぞのシェンムーを思い出させる事を言ってたし・・・・。

そういや、タトゥーって他の国ではまだ大人気なんですかね?

だったら田代まさしも芸能界やり直せそうな気がするんですけど。



最後に奴らに言いたい!







あんまり日本人をなめるな。








久々の休みという事で、たまってたゲームを消化しようとPS2の電源をON!

最初のブツは、噂の”エヴァンゲリオン2”!

エヴァといえば、あれですよ。

かつて大ブームになった伝説のアニメですよ。

ブームが去ると、ガイナックスが小銭を稼ごうとしたのか

脱衣麻雀で女キャラどころか男まで脱がせたり(ウホッ!いいシンジ!)

ギャルゲーにして世界観をぶちこわしたりと、(大きいお友達狂喜乱舞)

見事なほどのおちぶれたアイドルっぷりを見せて、

別の意味で伝説になったアニメですよ。



最初はとんと興味が無かったんですが、某所の掲示板での

”ゲンドウからエロ本が手渡された”

の書き込みを見て、バカゲー好きの俺としては放っては置けぬわけなのです。

それに、原作ではっきりしなかった謎がゲームで解けるということでも興味がわきました。


まぁ、劇場版で投げっぱなしな終わり方しといて何言ってやがるとか

もうブームが去って何年経ったと思ってんだとか

カイジより話が進まない漫画版をなんとかしろとか

今更エヴァをウリの一つにするのはやめたら?少年エース とか

税金対策は大丈夫か?害ナックス とか

思いましたけど、謎を謎のままで終わらせたくない私は購入を決心。

発売日に購入し、そして昨日プレイを始めました。







約6時間後、エヴァンゲリオン2は夏目漱石4人化けました。

少年が神話になる前に、プレイヤーが残酷な天使と化したわけです。

人のプレイ日記を読むには楽しいが、自分がやると本当に面白くない・・・・。

いや、クソゲーってわけではなくて純粋につまんないんだわ。

システムとしては、GPMが基本なんでしょうが質としては低下してる感じ。

争奪戦も起きず喧嘩もできない。刺されもしない。

人間関係がGPMほど面白くならないんですよね。

要するに私が言いたいのは

人の家に無理やり入ってきて、居間で勝手にテレビ見てるリツ子を殴らせろと。

できるとしたら、壁に八つ当たりくらいです。

まぁ、シンジらしいちゃあシンジらしいですが。



なので、私には面白いと思うことはできませんでした。

名台詞「逃げちゃ駄目だ」ってのは、現実から逃げちゃ駄目だってメッセージですよね?

なので”つまんない”という現実を受け入れ、売却を決意。



ということで、翌日に秋葉で売却。

プレイ途中のサイレンを再開しました。

エヴァという往年のアイドルの謎なんて、もうどうでもよし。

謎の解明よりも時間の方が大切だしね。







Q:最近の「賭博破戒録カイジ」をどう思いますか?





乾 巧さん(クリーニング屋勤務)
「カイジを読むとな、時々すっごく切なくなったり(進行の遅さに)

時々すっごく熱くなる(引き伸ばしへの怒りで) ・・・らしいぜ。

・・・俺はヤンマガは買わない。けどな、単行本を買う事は出来る! 変身!!」





木場 勇治さん(無職)
「カイジってのは呪いと同じなんだ・・・呪いを解くには、カイジを読み終わらなくちゃならない。

途中で挫折した者はずっと呪われたまま‥‥らしい。

福本の・・・罪は重い!」




今週のカイジ。

長い間、応援ありがとう!

福本先生の次回作にご期待下さい!



この文章を一体何回望んだか。

それも、ようやく玉が当たりに入って沼編も終わりが見えてきましたよ・・・。

ったく、おせぇよ福本。

普通の読者なら主人公を応援するんだろうけど

途中からは、もうカイジ負けてもいいからとっとと終われって感じだったなぁ・・・。









噂のロリ王(ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還)観て来ました。

え?公開からまだ間もないし、週末は人が無茶苦茶多いんじゃないかって?

ハハン、三千円する指定席だから問題ないさ!

2階から民衆を見下ろして、我々は優雅に鑑賞ですよ。

俺の目つきは常に

「君らのコインじゃらじゃら出して買う席とは違うのじゃよ?」

と猛烈にアピール。

ブルジョワは2メートル以下の高さには座らないのさ。



とはいえ、選ばれし者らしく高貴な服に身を包んで行こうかと思ったんですが、

出かける直前になって、 春物の衣服を一枚も出してないことに気付いた為、もっさりした中途半端な冬物を着ていく羽目に。

・・・・あんまり着ない服だから、まぁいいかと思って着ていったが・・・・

1年前に”二つの塔”観に行った時と、ほぼ同じ服じゃないのかと、今ふと思う。

・・・・最悪だ・・・死にてぇ・・・・

明日、服買いに行こう・・・



と、2メートル以上どころかお空の上にイっちゃってる 俺の思考と無頓着さは置いといて、

映画の方は、しっかり楽しんできましたよ。

感想としては・・・・



フロドいらねー

この「王の帰還」に限って言うならば、ですが。

・・・・いや、むしろ最初からサムだけでいいじゃん?と言ってしまえるほど、サムが男前全開。

ウホッいい男!惚れそうです。

聞けば、このサムの中の人。

「グーニーズ」でマイキー役だったらしいですよ!!

そう、キックやらヨーヨーでギャングを殺戮してたあのマイキーです。 (ゲームと映画ごっちゃ)



おお!すげぇ!すげぇよ!すげぇ太ってるよ。



何があったんだ。役作りか?

まぁ外見はともかく、サムのフロドに対する忠義と信念は本当に感動モノです。

「王の帰還」の主人公はサム、という人がいるらしいですが納得ですよ。

太ってもマイキー。マイコーとは大違いだ。(少年相手にパオッ!)

あーDVD買ってしまいそう。



なんにしても大満足の内容でした。

次に劇場で観るのは6月のハリーポッターかな。



にしてもレゴラス(弓使いのエルフ)無茶苦茶強いなぁ。

ヤムチャぐらいなら、楽勝で倒してしまいそうだ。



そういや、ある掲示板でヤムチャをバカにする話題になったとき、

「ヤムチャは、少なくともお前らより遥かに強いんだよ!!」

と怒ってる(煽ってる)人を見かけましたが・・・、

馬鹿だなぁ。

ヤムチャの強さが俺らと同等だったら、それはもうのび太だよ。

中途半端に強いが、戦力にはならない。

それがヤムチャのヤムチャたる所以の一つなんですよ。









今週土日は仕事だと思っていたのですが、急遽日曜がお休みに。

くそ、こんな事ならロリ王観に行く約束しとくんだった!

はい、そこ。通報しない。

あ、ロリ王ってのは「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」の略称なので、誤解なきように。



そういや遅ればせながら、例のアレを見る。

そうヤム飯だ。

半端戦士の天津飯ヘタレ准将のヤムチャが合体して誕生した 悪夢の産物。

くそう、これを決勝レビュー前知ってれば、迷わずDBZ2を題材にしたのに。

必殺技は「どどかめ波」。 なんかサイバイマンにすら通用するか不安な技名です。

外見は、顔は額に目のあるヤムチャですけど、もんだいは頭。禿です。

いやこれが、天津飯の頭のようにスキンヘッドで毎朝剃ってるような人工的な禿げだったら渋いと思えるのですが、

頭頂部に毛がないのに側頭部にヤムチャの髪が残ってる為、 どう見ても自然に禿げた親父に見えます。

そう生粋の禿。天津飯のスキンヘッドを養殖物とするなら、ヤム飯は野生の禿です。

ちなみにヤム飯の紹介記事には、「弱戦士の汚名返上だ!」とか書いてましたが、

また新しい汚名を引っかぶった気がします。



ふと立ち読みしたXジャンプで、はじめてヤム飯見た時は笑いましたよ。

画像取り込んで日記で使おうかとも思いましたが、

1回の日記ネタに500円も使えるほど裕福じゃないので辞めましたけど。

にしても、ヤム飯だけでPS2「ドラゴンボールZ2」欲しくなりましたよ。

ヘタレと言われた2人がサイヤ人を圧倒する所を想像すると、もう興奮ですよ。



・・・ところでチャオズは?

だれか何とかしてやれよ・・・。

たとえばヤム飯とさらに合体させてやるとか。

外見は顔色の悪い波平になりそうですけど。




戦略的撤退